満洲俳句 須臾の光芒

満洲俳句 須臾の光芒

西田もとつぐ・著

四六判・並製本
192ページ
定価:本体1,600円(税別)
ISBN:9784909782588


かつて日本の傀儡国家として存在した満洲国。
日本国内とは異なる大陸の風土や文化、「王道楽土、五族協和」をうたう戦時下の満洲で、どのような俳句作品や俳壇の動きがあったのか。
満洲国の崩壊とともに終焉をむかえた満洲俳句の一瞬の輝きを、残された数少ない史料から読み解こうとする、著者のライフワークをまとめた1冊。


目 次

満洲俳句史研究の最先端   川名 大

第1章 桂樟蹊子の決断
 はじめに―樟蹊子さんの最後の葉書
 1 桂樟蹊子と京大俳句会
 (1)俳句の道へ
 (2)京大俳句会学生会員の退会
 2 満洲国に赴任した樟蹊子と「京大俳句会」会員の亡命
 (1)満洲国の諸相と満洲俳壇
 (2)樟蹊子の渡満と「韃靼」
 (3)高屋窓秋の渡満
 (4)京大俳句事件の逃亡者―樟蹊子新京駅の決断
 (5)事件のミステリー
 (7)樟蹊子と志水の北京駅の別れ
 3 敗戦と句集『放射路』
 (1)桂樟蹊子第一句集『放射路』
 (2)水原秋桜子の序文

第2章 韃靼俳句会の光と翳
 1 俳誌「韃靼」
 (1)ハルビン日露協会の成立とハルビン学院
 (2)ハルビン学院と杉原千畝
 (3)ハルビン学院の俳句サークル
 2 佐々木有風と桂樟蹊子
 (1)佐々木有風
 (2)桂樟蹊子
 3 「韃靼」の俳句作品
 (1)一般作品
 (2)連作俳句
 (3)竹崎志水の連作「新しき土」
 (4)韃靼俳句会の女流
  *天川悦子と井筒紀久枝
 (5)飯田蛇笏と山口青邨
 (6)満洲季語
 (7)戦争を詠む
 4 満洲帝国の崩壊と満洲俳壇の終焉
 (1)俳誌の統合
 (2)ハルビン市の無血開城と悲劇の外交官
 (3)ハルビン学院の終焉
 (4)韃靼俳句会の終焉

第3章 キメラの国の俳句―中国東北部(旧満洲国)俳句史序論―
 1 今、なぜ満洲俳句史なのか
 2 満洲の日本人
 3 大連の「アカシヤ会」
 4 満洲国の思想統制
 5 昭和十三年前後の満洲俳壇
 6 関東州俳句協会の結成

第4章 満洲俳句ことはじめ―正岡子規と安西冬衛―
 1 子規の「陣中日記」
 2 子規の句碑のミステリー
 3 満洲の都市景観
 4 詩誌「亞」の安西冬衛の俳句

第5章 山口誓子 満洲の曠野を飛ぶ―句集『黄旗』の世界―
 1 新興俳句の旗手
 2 句集『黄旗』
 3 『黄旗』以後


2020年12月15日より販売開始

●一般の書店でご注文いただけます
(12月14日までは予約受付)

●ネット書店で買う
(12月14日までは予約受付)
honto
紀伊國屋 WEB STORE
Honya Club
e-hon
楽天ブックス
セブンネットショッピング
amazon

●小さ子社/リトルズWebショップで買う