ユプシロン4号、もうすぐ発売です!

「ユプシロン」第4号が出来上がりました!

 

 

 

 

 

落ち着いた緑の表紙の第4号。

 

 

 

 

 

弊社スタート時からお手伝いさせていただいてるので、
こうやって1号から並べると、感慨深いものを感じます。

みなさんから、3句選んでお寄せいただきました。

銅線を束ねて運ぶ夏の月  中田美子
絶壁に人現れる紅葉山
約束の時間海月に取り巻かれ

 

小父さんの声で山羊鳴く秋の昼  岡田由季
中くらゐの町の大きな秋祭
歌仙巻く女たちみな素足かな

 

金魚玉しずかに閉まる勝手口  小林かんな
無花果を割って十字のあらわれる
木の枝にかかりマフラーたなびくよ

 

青葉木菟考えるとき耳のたつ  仲田陽子
冷房やガラスに残る鼻のあと
水遊び民宿の子も混じりおり

 

(ユプシロン4号より)

 

コロナの収束がまだ見えないなか、前号から1年。
中田美子さんの「あとがき」が、とても心にしみます。


11月27日より一般の書店、ネット書店でも販売開始です。
amazonhonto楽天ブックスでは、すでに予約受付が始まっています!
リトルズのwebショップでもご購入いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください